化石燃料の埋蔵量の限界と日本のエネルギー事情

現代の技術で採掘できる化石燃料資源には限りがあります。
日本のエネルギー自給率は4%と先進諸国でも最も低く、そのほとんどを輸入に頼っているのが現状です。
先刻のガソリン代大幅値上げのように、いつまたその影響が来るかわかりません。

温室効果ガスによる地球温暖化

化石燃料から排出されるCO2などの温室効果ガスによる地球温暖化は世界各地で深刻な影響をもたらしています。
低炭素社会を実現するためには、石油などの化石燃料に依存したエネルギー体系から再生可能なエネルギー体系への転換が必要です。

京都議定書と洞爺湖サミット(福田ビジョン)

京都議定書ではCO2削減量マイナス6%を掲げている日本ですが、現状ではその水準の達成でさえ困難を要します。
それを踏まえた上で、洞爺湖サミットでは、今後も国を挙げて環境問題に取り組む姿勢を首相自ら宣言しました。

世界の動向

ドイツでは低炭素社会を目指し原子力発電を廃止、積極的に太陽光発電などの再生可能なエネルギーを自国で生産することに力を入れ、それに伴う法改正なども進んでいます。
日本もこれらの世界の動向に追随する形をとる必要性に迫られています。

民間導入の必要性

地球環境の改善は、各家庭においての意識改革の総和から成り立ちます。
エネルギーの安全保障の確立、地域環境の改善などの点からも民間での導入が必要不可欠となっています。
2009年2月、経済産業省が2010年度までに固定価格買取制度の導入を予定しているという発表がありました。
補助金制度との併用の元で、今後どんどん民間での導入が予想されます。
国民主導の低炭素社会の実現に向けて、今こそ太陽光発電を!